2018/07/11

災害時に使える無料Wi-Fi「00000JAPAN」(ファイブゼロジャパン)をご存じですか?

西日本豪雨の被災地などで、災害時用の無料Wi-Fi(統一SSID)「00000JAPAN」(ファイブゼロジャパン)の利用が開始されたといったニュースを聞いたことはありますか?

この「00000JAPAN」というのは大規模災害時に、契約している通信キャリアに関係なく公衆無線LANを無料開放する、東日本大震災の教訓を活かした無線LANビジネス推進連絡会の取り組みです。
主に携帯キャリア三社の提供するWi-Fiスポットが災害時などに、「00000JAPAN」という名称の無料Wi-Fiスポットに変わります。
今回はこの「00000JAPAN」の紹介と簡単な利用方法を解説します。もし被災に遭った時には思い出して是非、有効活用してください。

通常は、それぞれのWi-FIスポットの契約者しか利用できませんが、携帯電話の回線インフラが広範囲に被害を受け、スマートフォンが利用できない状態が長時間継続する恐れがある地震や台風、洪水などの大規模災害時に限り、契約会社に関わらず誰でも無料で利用できるようになります。
もちろんWi-Fiですのでノートパソコンやタブレットでも利用可能です。

設定はとても簡単

1.スマートフォンやタブレット、パソコンなどのWi-Fi設定をONにする。
2.Wi-Fiネットワークを選択する場面で、「00000JAPAN」のSSIDを選択する。

これだけで、インターネット接続が可能になります。被災により自宅の通信回線が使えなくなった場合も最寄りのWi-Fiスポットがある施設が無事であれば、インターネットを利用出来るようになります。

セキュリティ面だけは注意

「00000JAPAN」には通常のWi-Fiスポットとは違い暗号化が施されていません。その為、個人情報などを含む通信は気をつける必要があるとされています。
ソフトバンクなどのキャリアも「ショッピングサイトなどのIDやパスワードが必要なサイトでの利用は、できるだけ控えるようにしましょう」とアナウンスをしています。