事例紹介Case Study

株式会社アルソア慧央グループ 女神の森 様

今年で50周年を迎える化粧品会社アルソア様が、自然と調和し心から健康や綺麗を手に入れていただくコンセプトで作られた「女神の森」。

山梨県の小淵沢で宿泊施設を完備した総合研修施設として展開され、オーガニックレストラン、農園体験などの提供を通じ、自然との調和の中で心と体の綺麗と健康を追求する施設になります。

今回は、施設展開にあたってのコンセプト作り、より魅力的な発信方法についてマーケティング支援とHPのリニューアルを弊社にご依頼いただきました。
株式会社アルソアの望月和彦様に、弊社のサービスの活用法について伺いました。

自然が宿すエネルギーにあふれる美と健康の聖地”女神の森”を開設

ーー女神の森はどのような事業をされているのでしょうか

望月さん:母体の会社がアルソアという化粧品の会社で、今年でちょうど50周年を迎えます。自然との調和を企業理念に掲げており、企業理念の具現化への取り組みとして、23年前に本社を東京から思い切って山梨県の小淵沢の方へ移転しました。

アルソア様 出典:ARSOAホームページ

化粧品事業をメインとしていますが、小淵沢で展開する女神の森は、お越しいただいた方たちに、オーガニックの食事や農業体験などを提供することで、肌だけでなく、心と体も美しく、健康を手に入れていただけるようなコンセプトの施設です。

ーー女神の森はどのような想いを持って作られた施設でしょうか?

 

 

 

 

 

望月さん:化粧品は肌の健康や美しさを追求しますが、心と体の中も整えて初めて本当の意味で美しく健康である、というのが当社の考えです。

この山梨の小淵沢に作った女神の森は、体の内側や心の部分を健康で美しくしていこうという想いを持っています。肌と心と体の3つの部分を健康に整えることによって本当の意味で健康で美しくなろうという考えの元、女神の森は特に心と体の部分の美しさと健康を追求する施設として運営しています。

ーー施設の開発にあたって、どのような課題をお持ちでしたか?

アルソア様

望月さん:女神の森のエリアの中には複数の自社施設があります。例えばオーガニックレストランであったり、700人収容できるイベントホールであったり、車で3分圏内には研修施設や宿泊施設、無農薬農園を持っています。

これらを点で運営するのではなく、いかに各施設を連携させ有機的な繋がりを持たしていくか、心と体の健康に繋げていくかについては、5年目になった今もまだまだ模索中です。

顧客ターゲットを絞り、高いリピート率を達成

ーー今回HPを製作されるにあたり、FunTreを選んでいただいた理由と目的を教えてください。

望月さん:女神の森という事業を展開していくにあたり、Webサイトをしっかり作ってPRしていきたいという想いがありました。元々非常にお世話になって信頼のおける方へ相談した際に、FunTreさんをお勧めいただいたのが最初のきっかけです。

なかなか東京の人達へ自然の体験を価値として伝えることが難しいところ、FunTreさんはすぐに関係者の方がこちらに足を運んでくださいました。

通常、エキストラを呼んで外注の写真撮影を依頼して、ホームページを作成することが一般的なのに対し、社員の方がエキストラから撮影、Webへの反映まで一貫してホームページの素材を一から作成していただきました。この点が単なる制作会社というのではなく、実際に農園で野菜を収穫したり、食事をしていただいたり、この女神の森にある自然の体験というのを実際に経験することで価値を知っていただき、代弁してくれてすごく感謝しております。

ーーマーケティング支援を受けて具体的に始めたことを教えてください。

アルソア様

望月さん:東京から約2時間というアクセスを活かし、まずは首都圏の方に来てほしいという想いがありました。都会の人たちが日々の疲れを自然の力で癒してもらえるような場所にしたいと考えました。

その中でもターゲットが漠然としていたところ、研修施設や宿泊施設を活かして、企業の人達に来ていただき、自然の中で心もオープンにして色々話しをするにはすごく適した場所ではないかというアドバイスをFunTreさんからいただきました。

その支援のなかで、ターゲットはまずはBtoCよりもBtoB、しかも大きな企業というよりも例えばベンチャー企業やIT企業、保育園のような繋りの強い小さな企業で、社員が家族で参加できるようなところに具体的なターゲットを絞ってPRをしていただきました。

実際に来ていただいた人たちは、自然の環境と私達が持っている食事のメニューに満足いただいて、リピート率が8割くらいになっています。

ここに来ると今まで都会では出なかった固定観念に捉われない発想がどんどん出てくるというのが実際頂いている声です。例えば焚火を囲みながら片手にお酒を持ちながら深夜まで語り合うと、自分達はこの会社をどうしていきたいかという経営者の想いや従業員、スタッフの想いを本音でぶつけ合い、結果的にチーム力が上がっていくというような効果も出てきています。

最初に提言いただいた、この施設はBtoCではなくBtoBを対象にし、参加した人同士の絆が深まっていく場にしていく方が良いのではないかというアドバイスは非常に勉強になって感謝しております。

ーーマーケティング支援を実際にうけてどのような効果がありましたか。

アルソア様

望月さん:実際にこちらへ来られる団体は、業種は違えど自然が好きとか美や健康に対する意識を持っている人が多いです。

オーガニックの新鮮な野菜を食べてみたい、実際に土に触ってみたいといった希望や、デジタルデトックスとして携帯などを全て置いて太陽や空気を裸足になって自然とふれあいたいという方々が多く来ています。

支援を受けた際、女神の森の世界観をしっかり作り、そこに同じような価値観を持たれる方にターゲットを絞った方が良いというアドバイスをいただきました。

ターゲットの絞り込みにより、来られた方たちのリピート率が高いというのもありますが、ご利用いただいた団体から同じような価値観を持った方を紹介をしていただけるような繋がりも生まれています。

FunTreさんの支援だけではなく、関係性ができたお客様がさらに同じような価値観が合う方を紹介してくれたため、営業をかけなくても口コミで広がってきているところが有難いです。来られる方たちも自然環境への感度が高い人なので、心を開放し、自然を楽しんでいただいています。双方が相思相愛でマッチするような方たちが増えていったというのが今回支援いただく中で効果を実感しています。

商品・サービスのコンセプト作りから外部への効果的なPRに強み

ーーFunTreのサービスが役に立ちそうな企業様へメッセージをお願いいたします。

望月さん:私たちには50年間、企業理念を具現化するために行ってきた様々な健康に対する取り組みがあります。培ってきた豊富なノウハウはあるのですが、ターゲットの明確化と広くPRしていくための外への発信が不得手な部分でした。

FunTreさんのサービスを受けることによって、それが正確にしかも魅力的に伝えていただいているという実感があります。

他にもお客様に提供できるサービスや商品を持っているけれども、どういう形で、誰に発信したらいいか悩んでいる企業はたくさんあると思います。戦略的な面やコンセプト作りはFunTreさんのお力を借りれば多くの方に魅力的に伝えることができると思います。

■望月和彦(もちづきかずひこ)
株式会社アルソア慧央グループ
女神の森 https://www.megaminomori.jp/