事例紹介Case Study

株式会社電通 様

初の書籍出版でありながら15,000部を突破した『ヒットをつくる「調べ方」の教科書』の著者であり、株式会社電通のマーケティング部門で戦略プランナーとしてご活躍中の阿佐見さん。人事向けセミナーのLP制作、広告代行、セミナー問い合わせ対応などを弊社にご依頼いただきました。

マーケティングのプロからご指名を

ーー人事向けセミナーを開催することになった経緯やきっかけについて教えてください。

阿佐見 綾香

阿佐見さん私は現場のマーケティング部門で新入社員の育成を担当しております。電通のマーケターが実際に使っているブランディングに活かせるノウハウや知見を、わかりやすくマーケティング部門の新入社員に伝えるプロジェクトに従事してきました。今回は人事向けセミナーを開催するにあたり、他の経営者の方からすごい実績がある会社があると聞いていたのと、信頼する方からの紹介もあり、FunTreさんにお願いしました。

ーー委託開始から具体的に行ったことを教えてください。

阿佐見さん限られた予算の中で、まず、何をやっていこうか? というところから始まりました。社内では、企業の人事の方が参加される展示会に出展してみるアイディアや、著名な方を呼んで盛大なイベントを開催し見込み企業のリードを獲得するなど、いろんな案を検討していました。その中でFunTreさんに相談して助けられたのは、数あるマーケティング戦略の中で、それぞれの戦略のメリットとデメリットを数多くある経験とデータをもとに的確にアドバイスをいただけたことです。例えば、どんなGoogle広告のキーワードであればターゲット企業である人事担当者のリードを獲得しやすいか、1人あたり獲得するためにかかる平均コストはどのくらいか、そこから想定されるコンバージョン率など、実際の数値に基づき話し合いました。

もともと社内で検討していた、著名人を呼んで盛大なイベントを開いたリード獲得では、限られた予算に合う検証ができないかもしれないなど、最終的な目的を達成することを考えたとき、別の戦略へのシフトを提案してもらいました。これらのアドバイスをもとに、ターゲットを見越した堅実で小規模な人事向けセミナーを開催することにし、ランディングページの内容など相談しながら進めていき、集客もお任せすることができました。セミナー実施後は、お客様からのアンケートをきちんと回収し、次につなげられるような動線づくりと、データ分析までサポートしていただきました。

限られた予算を有効に使って最大限の成果に 


ーー
ご依頼後どのような効果がありましたか?

阿佐見さん今回はサービスの需要があるのかを図るためのテストマーケティングではありましたが、セミナーイベント当日には、多くのお客様にご参加いただき、とても喜んでいただけました。集客代行、ランディングページの作成と調整、申込者への対応、申込後の動線設計までお手伝いいただき、具体的な結果としては、当初の目標と合致した完全新規のお客様2社の人事担当者様とご縁をいただき、モニターにご参加いただいております。

ーー弊社を使ってくださったメリットを教えてください

阿佐見さん予算が抑えられただけでなく、FunTreさんは新しい事業やサービスについての経験も豊富におありで、経営者目線からのアドバイスはとてもありがたく、イベントの企画においてアイデアが次々と出てきたのは、新鮮な驚きでした。社内だとメイン業務から、離れている分野でしたので、費用対効果が上手く結果に出せなかったかもしれません。予算が潤沢ではない新事業において、弊社のネームバリューを活かした方が良いと「地に足をつけた」アドバイスがセミナー開催の成功に繋がり、予算を有効に使うことができました。FunTreさんに集客代行していただいた企業様のモニターへのお申し込み率もすごく良かったと感じています。その他にも、FunTreさんの百戦練磨の経験から得た知識から、マーケティング戦略において意思決定の際のメリット、デメリットを教えていただけたことは今後の活動にとても役立つと思います。

■阿佐見 綾香(あさみあやか)
電通戦略プランナー
著書:電通現役戦略プランナーの『ヒットをつくる「調べ方」の教科書』あなたの商品がもっと売れるマーケティングリサーチ術 

ヒットをつくる「調べ方」の教科書