2018/10/26

簡単に作曲ができる!GarageBandで曲作り

こんにちは。FunTre株式会社広報部の山本です。

私の趣味は音楽と麻雀なのですが、最近は音楽スタジオや雀荘に行かなくても、オンラインで音楽や麻雀を楽しめるようになりました。

子育てで時間がない私には、外出しないで自宅で趣味が楽しめるなんて嬉しいです。

今日は、Macを買うと標準で付いてくる音楽制作ソフト「GarageBand」について紹介したいと思います。

 

GarageBandって?

 

GarageBandはアップルが開発したmacOS/iOS用の音楽制作ソフトです。
パソコンのMacにはほぼだいたい元々入っています。

久しぶりに立ち上げてみたら、すごく嬉しい機能が追加されていました!

演奏方法を学べるようになってる!

すごい!先生がビデオでギターの弾き方を教えてくれてる!
しかも無料で!

なんて親切なんでしょう!

でも、そのかわり、今まであったギターフレーズやベースラインのサンプルがなくなってます・・・
サンプルを組み合わせると、楽器が弾けなくてもそれっぽく曲が作れたのですが、自力で覚えて弾け!という方針に変わったのでしょうか?

どうやってMacに楽器を接続して録音するかというと、こんな便利なものが売っていました。

IK Multimedia iRig 2 ギター/ベース用モバイル・インターフェース【国内正規品】

これをMacのイヤホンジャックに入れて、iRig2にギターのシールドを差し込みます。

すると、アンプを通さなくてもギターの音が出るようになります!

 

早速曲を作ってみよう

新規作成から、まずはドラムのパターンを選択します。

たくさんパターンがあるので、好みのものを選んで、長さを決めます。

それから簡単にギターを録音します。

ドラムとギターだけの録音ですができました!

 

 

ロックのイントロのリフの部分というイメージです。
途中弾くのを思いっきり失敗していますが・・・
とっても簡単に曲が作れるのでどんどん使っていきたいです。

このデータを送り合えば、遠方にいるバンドメンバーとも一緒に曲作りができますよね!

GarageBandはMacユーザーなら誰でも無料で使えるので、皆さんもぜひ使ってみてくださいね。