2018/09/26

麻雀のプロリーグ戦、Mリーグ開催決定!

2018年10月、日本の麻雀界の歴史を変える出来事が起こりました。

昔、少年マガジンで連載していた「哲也」という麻雀漫画
を見て麻雀にはまった私。

哲也-雀聖と呼ばれた男
さいふうめい(原案)
星野泰視(漫画)

 

 

 

←amazonのリンクになってます

 

主人公哲也の師匠である房州さんが、九蓮宝燈天和で上がって亡くなった時は
号泣しました。

以来、面子が足りないと言われれば何処へでも駆けつけ、一人でフリー雀荘にも通うほど麻雀にはまる生活を送っていました。

麻雀はギャンブルだという人はいますが、私はお金なんてかけない方が面白いと思っています。

お金なんてかけなくても、麻雀は十分エキサイティングなゲームです。

捨て牌から相手の待手を読んで、勝つための戦略を立てて戦って行く。

難易度の高い役を完成させてテンパった時のアドレナリンの出かたは半端ないです!
麻雀は役作りの面白さもありますが、自分の力で運を引き寄せることができる面白さもありますね。

よくスポーツにはの流れがあるといいますが、

麻雀にも運の流れがあり、勝つためにはその運の流れを卓上で自力で引き寄せられる人が勝ちます。

麻雀から人生を教わったこともたくさんあります。

深夜営業、高レート、タバコの煙もくもく・・・など、

悪いイメージが多い麻雀ですが、先日全国の麻雀ファンが喜ぶ重大発表がありました。

麻雀のプロリーグ戦、Mリーグ開催決定されたのです。

麻雀のプロスポーツ化

Mリーグとは、サイバーエージェントの藤田晋氏が発足した麻雀をスポーツ化するプロジェクトです。

Mリーグについて

サーバーエージェントやBEMAS、 テレビ朝日、博報堂などがスポンサーになったの7つのチームに、ドラフト形式で国内の主要プロ5団体(連盟、最高位戦、協会、麻将連合、RMU)から所属選手を選出します。

最終的にはマージャンのプロスポーツ化を目的としており、オリンピックの正式種目化を目指すプロジェクトです。

現在約2,000人いる麻雀のプロから、たった21人だけが選出されます。

先日ドラフト会議が開催されました!

注目の選手をご紹介します!

株式会社テレビ朝日:EX風林火山(イーエックスフウリンカザン)

ドラフト1位指名

二階堂亜樹 (日本プロ麻雀連盟)

卓上の舞姫というキャッチコピーの女流雀士のパイオニア的存在。

日本プロ麻雀連盟最高段位、現在の女性雀士の中でも最高段位の6段を持っています。

可愛いらしいルックスだけではなく、攻守ともに兼ね揃えた実力者です。
実家が雀荘という恵まれた環境で育ち、18歳から連盟の試験を受けてプロとして活躍しています。姉の二階堂瑠美もプロ雀士で、美貌と実力を兼ね揃えた姉妹として有名です。

株式会社電通:TEAM RAIDEN/雷電(チームライデン)

1位指名 萩原聖人 (日本麻雀連盟)

芸能界屈指の雀力を誇る萩原聖人。
われめDEポンでは今まで13回優勝している、プロ顔負けの腕前です。

今まではプロではなかった彼ですが、今回Mリーグの発足をきっかけに日本麻雀連盟に所属しました。
チームライデンに1位指名された萩原選手の活躍に期待したいです!

株式会社電通:TEAM RAIDEN/雷電(チームライデン)

3位指名 茅森早香(最高位戦)

「天才すぎる女流雀士」というキャッチコピーの彼女。
何が天才というと、麻雀に関するカンがとにかく鋭い!
昔一緒に麻雀をしたことがありますが、手作りの速さや判断力、場を支配する力が抜群でした。特に、精神的なコントロールが凄まじいです。

大きく振り込んでも、彼女が動揺することは決してありません。
いつも冷静沈着。狙って狙って、確実に上がれる形を作っていきます。

Mリーグでの彼女の活躍に期待したいです!

Mリーグは2018年10月1日より開幕します!
残念ながら民放での放送の予定はないのですが、10月7日(日)22時からAbemaTVのAbemaNewsチャンネルで、Mリーグの魅力を伝えるバラエティ番組「熱闘Mリーグ」が放送されます。

麻雀好きには見逃せない番組ですね!

なお、FunTreの山本は、今一緒に麻雀をしてくれる人を募集しています。
山本と麻雀を打ちたい!という人はFunTre株式会社までご連絡をくださいね。
お待ちしています!