2018/06/18

いまさらですが、『お金2.0』を読んでみました!

昨年から大ヒットの『お金2.0』を、いまさらながら読んでみました。

数ヶ月も前に購入していたのに、例によって放置したままでしたが、
やっぱり気になって読んでみることにしたのです。

購入したときは、この本が売れに売れていて、電車にも中吊りがあったり
配信されてくる起業家さんのメルマガで紹介されていたりと、至る所で話題になっていました。

さて、読んだ感想ですが、単純に…面白かったです!
そしてとても勉強になりました。
今起こっている経済の変化を、わかりやすく解説してくれています。

お金とは何か?その正体を明らかにしつつ、テクノロジーとお金についてを解説した上で、
資本主義から価値主義への転換へと話は続いていきます。
そして、お金から解放される時代へと言及していきます。

仮想通貨とか出てきて、将来どうなっちゃうの!?とか、
お金持ちになったら幸せなのかなーとか、
YouTubeで稼ぐってどうなの?とか、
そんな疑問を持っている方も多いかもしれません。

みんな何となくお金に大きな転換期がきていることを感じているからです。
この転換期を分かりやすく見事に解説してくれていると思いました。

仮想通貨・トークン・ブロックチェーン・分散化・価値主義…
充実した内容で、全体の構成として無駄がなく、飽きることなく読み切ることができました。

また、この本はビジネス書ではありますが、哲学的な示唆に富むものでした。
経済学と哲学は密接であり、経済学者は哲学者でもあります。
(もはや定義すること自体にあまり意味がないのですが…)

価値をどのように考えるか?これからの価値とは何なのか?
「価値」について考えることは、もはや経済の枠に収まりません。

私たちFunTreは世の中に価値を提供する方々のサポートを日々させて頂いているわけで、
そんな私としては、とても考えさせられる内容でした。

お金を稼ぐことよりも、価値を見いだしていくことの方がよほど難しいのかもしれません。
それでも私たちはクライアントさまの価値を見いだし、
その価値を届けることが仕事であり、使命だと考えています。

どんな「ものづくり」をしていけばいいのか、どんな価値を提供していけるのか、
私たちは常にクライアントさんと共に考え続けています。
戦いはこれからも続きます。。。がんばるぞー!!