2018/07/23

【コピーライティングの基礎②】 『”Youメッセージ”で文章を書け!』

こんにちは!FunTreメディアコンサルタント兼コピーライターの堀田です。
今回もコピーライティングの基礎についてです。

前回の私の記事では、考え方の部分をお伝えさせていただきました。
【コピーライティングの基礎①】 『そのメッセージは誰に届けるラブレターですか?』

そんな記事を読んだ方の中から、
「堀田さん、考え方はわかったので具体的なテクニックも教えてください!」
という声もありました。

なので、今回は実際に反応率を上げる、具体的な基本テクニックについてです。

では早速、そのテクニックをお伝えすると、、

『二人称でコピーを書く』

ということをしてください。


どうしても、ブログやSNSでの記事となると、

”1対 多数”というイメージを持ってしまうため、「みなさん」という呼びかけをしてしまいがちです。



コピーライティングを本格的に学ぶ前の私も、記事を書くときは、

「みなさんはどう思いますか?」

といったように、多くの人をイメージして記事を書いていました。


でも読んでいる人にとって、その記事と向かい合っているのは1人の人。


なので、「みなさん」と言われてもあまりピンときません。

でも、その呼びかけを「あなた」に変えて、1対1で話しているように書いてみてください。

それだけで一気に親近感が変わってきます。


「たったそれだけで??」

と思うかもしれないですが、これはコピーライティングをマスターする上で基礎中の基礎です。


あなたも、「多数の中の1人」と思われるよりも、ちゃんと「1人の人」として向かい合ってくれる人の話を聞こうって思いませんか?


こんな風に、呼びかけの言葉1つ、1人の人と向かい合っている感覚で書くだけで反応が変わる体験を”あなた”も感じてみてくださいね。

それでは次回もお楽しみにしてください。
ありがとうございました!