2018/08/05

第2回目・FunTreママ会議「子供達の夏休みの過ごし方や習い事について」

こんにちは、FunTre株式会社広報部の山本麻貴です。

恒例になりましたママ会議の第二回目に参加してきました。
今回のお題は「子供達の夏休みの過ごし方や習い事について」

働きながら子供を育てるワーキングマザーにとって、長期休み中の子供達の相手は悩みの種です。
そして、どの家庭でも関心が高いのが子供の習い事や進路について。

今回も、リモートワークで働く3人のワーキングマザーで集まってそれぞれの意見を交換します。

夏休みの子供達の過ごし方は?

 

関本朋美:暑いね〜もう夏休みだよね。みんなのお子さんは夏休みはどうしてる?

山本麻貴:うちは学童と保育園に頼ってます。

池ノ谷潤子:うちは保育園決まったので預けます!

関本:そうだよね、預けるところがあると助かるよね〜。

山本:関本さんのお嬢さんも学童ですか?

関本:うん、学童。毎日自然の中で飛び回ってるよ。

山本:そうなんですね。自然がいっぱいで楽しそうですね!
長い夏休みに学童に預けられるから、こんな時は働いていてよかったと思いますね。
関本さんのお宅は小学校2年生のお嬢さんがいらっしゃるんですよね?
何か習い事などしているんですか?

関本:うちは英語と、プログラミングを習わせてるよ。

メディアクリエイト部/広報部
チーフ・クリエイティブ・オフィサー
関本 朋美さん

山本: あ!プログラミング、さすがですね!
英語も習ってるんですね。すごいなぁ〜。

関本:そうそう、週に1回Skypeでフィリピンの先生がマンツーマンで教えてくれてて、意外と安いしオススメだよ。

池ノ谷:Skypeで習えるんですか?へえ~すごいなぁ・・・。
1回何時間くらいのレッスンなんですか?

関本:30分だよ。

池ノ谷:そうなんですね!小さい子は集中力が続かないからちょうどいい長さですね。
うちはまだ何も習ってないな〜。

山本:うちはスポーツ系ばっかりで、学習系の習い事はまださせてないです。
でも勉強はできる子になってもらいたいなぁ。

池ノ谷:うちは子供の頃に両親に勉強しろ~と言われて育ったから、自分の子供はのびのび育てたいなと思って。

WEBコンサルティング部 ジュニアコンサルタント
池ノ谷 潤子さん

山本:そうなんですね。教育熱心なご両親でうらやましいです。
うちは結構親が放置気味だったから、自分の子供には勉強できる子になってもらいたいな。

広報部
山本 麻貴さん

池ノ谷:でも、あんまりやりなさい、と言われると嫌になっちゃうんだよね。
きっと子供から何かやりたくなったら言ってくると思うし、無理にはなにもやらせないかも。

山本:そっか~詰め込みすぎると嫌になっちゃうんですね!

関本:うちは習い事は2つだけ。
あとは家の周りに大自然が広がってるから、自由にのびのびしているよ。
学童助かるよね~でも学童いくようになってちょっとうちの子口が悪くなってきた・・(笑)。

池ノ谷:あー!分かります。うちも沢山の子と接するようになってちょっと悪い言葉を覚え始めてきましたよ。

山本:うんうん、うちも一緒です。

関本:「ママとずっと一緒にいる~」って言ったりして、可愛い時は可愛いんだけど、「うるせー」っていう時もある(笑)。

池ノ谷:可愛い~(笑)。

山本:可愛いですね!小学生の女の子って普段どんな遊びをするんですか?

関本:うちの子は家にいる時はYouTubeばっかり見てるかな。
だけど、学童に行くと自然の中で走りまわったり、うさぎと遊んだりしてるよ。

山本:うさぎがいるんですか?いいなぁ~! 
家では TIに強いお母さんがいて、外でのびのび遊べるなんてすごくバランスが取れてますね。

池ノ谷:本当、自然の中で遊べる環境ってすごくいいですね!
皆さんのお子さんは、私立の中学受験とか考えてるんですか?

山本:私立・・そこまでは考えてなかったな・・すごくお金がかかりそう・・・。
塾代とかも沢山かかりそうですね。
うちは公立でいいかも。

関本:うちは子供の希望に任せるかな・・・。

池ノ谷:私は結構子供の頃から遠くの塾に通わされて、勉強勉強言われてきたから、子供には強制しないかな。

関本:そうなんだ、ご両親は教育熱心だったんだね。
今はIT と英語だけできれば食いっぱぐれないと思うよ。

山本:あ!それそうかもしれないですね。
なるほど!
将来、いろんな職業が IT化が進んでなくなっちゃうって言いますものね。

関本:そうそう。
プログラミングができるとほんと、将来仕事には困らなくなるよ。
私は宿題も本人に任せてるし、他のことは何にも口出さないかな。

山本:皆さん子供の気持ちを尊重しているんですね。
私は結構、子供の学校の勉強にうるさく言っちゃうんです。

池ノ谷:そうなの? 

山本:はい、サッカー頑張れ、プール頑張れ、宿題も完璧にやれっ!って毎日怒ってしまいます・・

関本:子供たちみんなに怒るの?

山本:いえ、長男だけなんです。下の双子は自由にさせているんですが・・
期待しすぎなんですかね?皆さんの話を聞いて、ちょっと長男に厳しいかな、と思って反省しました。

関本:そうなんだね!
その長男にかける情熱を、ちょっと自分の楽しみとかに回したら楽になるかもよ。

山本:なるほど~!
子供の教育に使うエネルギーを、自分の楽しみとかに使ったら怒らないで済むかもしれないですよね。
子供にもうちょっと強制しないでおおらかにいられるようになりたいな。

池ノ谷:うんうん。難しいところだね。叱ってできるようになるのはいいけど、子供がしんどくなっちゃうと困るよね。

関本:そうね、伸び伸び子育てするためにも、ママもストレスの解消が必要だよね。
今度のママ会議は気晴らしにカラオケでとかどう?

山本:それいいですね!

池ノ谷:賛成! 仕事と子育てだけじゃなくて、ママにも息抜きをする時間が必要ですよね。

関本:うんうん、子供のやりたいことを聞いてあげつつも、適度に力を抜いて、ママも楽しみを持たないとね。

※美味しいパエリアランチをいただきました。

FunTreのママ会議の2回目、いかがでしたでしょうか?

長い長い夏休み。やっぱり学童や保育園は働くお母さんの強い味方ですね。

子供たちも毎日自然の中で遊べたり、お友達と過ごしたり暑い夏でも楽しく乗り切れそうです。

お母さんの負担が少なく、いつも笑顔でいられることが、子供にとって一番嬉しいことですよね。

習い事や進路に関しては、子供の気持ちを尊重する、という方が多かったですね。
私も皆さんを見習って、無理をさせず、子供がやりたいことを尊重して、そっと後押ししてあげられるような子育てをしていきたいな、と思いました。

次回のママ会議もお楽しみに!